ホーム   私たちに関しては
ホーム  ›  未分類

精製された穀物の健康上の副作用

2022-11-23 08:09:01

人々は、平均して1日あたり1サービング未満の全粒穀物を食べます。ただし、全粒穀物はあなたの健康に有益であるため、全粒穀物を食べる穀物の少なくとも半分を作ることは、2010年の食事ガイドラインで推奨されています。穀物が精製されると、ふすまと胚芽は、多くのビタミンとミネラルとともに除去されます。全粒穀物食品の代わりに精製穀物として穀物の半分以上を消費すると、腹部脂肪、心臓病、糖尿病、全体的な死亡率のリスクが高まる可能性があります。

腹部脂肪

2010年11月に発行された「American Journal of Clinical Nutrition」で発表された研究によると、主に精製された穀物を摂取すると、内臓脂肪組織が増加し、臓器周囲に見られる脂肪の一種で、最終的に糖尿病や心臓病につながる可能性があります。 1日あたり少なくとも3サービングの全粒穀物食品は、精製された穀物のみを消費する人々よりも約10%少ないVATでした。

心臓の健康

2007年6月に発行された「American Journal of Clinical Nutrition」に掲載された研究によると、全粒穀物ではなく精製穀物を摂取すると、アテローム性動脈硬化症や動脈の肥厚につながる可能性があります。 2004年12月の同じジャーナルで、精製穀物にはもはや存在しない全粒穀物のふすま成分が心臓病に対して最も保護的である可能性があることがわかりました。 。

糖尿病

2000年に「American Journal of Public Health」に発表された研究では、全粒穀物を減らし、精製された穀物を多く摂取した人が糖尿病のリスクが高かった。これは、繊維、マグネシウム、ビタミンEの含有量が低いためと考えられます。全粒穀物が精製されるとこれらの栄養素が減少するため、精製穀物食品。ただし、分析でこれらの要素を調整した後でも、関連付けは残りました。

死亡

2000年6月に発行された「Journal of the American College of Nutrition」で発表された研究によると、全粒穀物の繊維は初期の死亡率から保護する可能性がありますが、精製穀物の繊維には当てはまりません。精製穀物の繊維は全粒穀物の食物繊維には、より高い栄養素含有量を持つ穀物のふすまと胚芽からの繊維も含まれていますが、多くの栄養素を含まない穀物の胚乳からです。全粒穀物食品の有益な効果は、これらの穀物に含まれる繊維以上のものによる可能性があります。

Copyright © 2020, ribenhl.com, All Rights Reserved