ホーム   私たちに関しては
ホーム  ›  未分類

赤ちゃんのためのグレープフルーツの健康上の利点

2022-10-20 16:04:31

赤ちゃんが生後6〜8か月になると、栄養価の高い固形食品を食事に取り入れ始める必要があります。乳児用シリアルとピューレの果物と野菜は、あなたの小さなものを始めるための最も一般的な食品です。グレープフルーツは、赤ちゃんの成長に必要な多くの栄養素を供給する健康的な選択肢の1つです。有害反応のリスクを減らすために、新しい食べ物を食事に取り入れる前に、常に赤ちゃんの小児科医に尋ねてください。

ビタミンC

ビタミンCは赤ちゃんの発育に不可欠です。このビタミンは、赤ちゃんの皮膚にある結合組織に存在するコラーゲンの形成に重要な役割を果たします。ビタミンCは、赤ちゃんの免疫システムをサポートし、創傷治癒にも役立ちます。 National Institutes of Healthによると、1歳未満の乳児に対するビタミンCの1日の推奨摂取量はありませんが、この年齢での適切な摂取量は1日あたり40〜50ミリグラムです。グレープフルーツの1/4カップのサービングは、その目標に向けて19.78ミリグラムを供給します。

ビタミンA

National Institutes of Healthによると、1歳未満の乳児に対するビタミンAの1日の推奨摂取量はありませんが、彼女の適切な摂取量は1日あたり400から500マイクログラムになるはずです。ビタミンAは健康な視力をサポートし、赤ちゃんの体が健康な白血球を生成できるようにします。白血球は、免疫に重要な役割を果たします。ビタミンは、細胞分裂もサポートします。これは、小さなお子様の成長と発達に不​​可欠です。フレッシュなグレープフルーツの1/4カップのサービングには、26.5マイクログラムのビタミンAが含まれています。

追加の栄養素

グレープフルーツは、赤ちゃんが健康な発達に必要な他のビタミンやミネラルを少量提供します。新鮮なグレープフルーツのサービングはビタミンE、細胞を保護する抗酸化物質を供給します。彼女はまた、適切なDNA生成をサポートする少量の葉酸も摂取します。赤ちゃんはまた、微量の骨形成カルシウムと鉄、酸素輸送を助けるミネラルも摂取します。グレープフルーツは、赤ちゃんの神経系をサポートするミネラルである少量のカリウムを供給します。赤ちゃんがグレープフルーツを食べると、繊維も摂取されます。これにより、効率的な消化が促進され、便秘を防ぐことができます。

考慮事項

固形食を始める前に、必ず赤ちゃんの小児科医に相談してください。あなたの家族に柑橘類のアレルギーの歴史がある場合、彼女の医者はグレープフルーツを彼女の食事に導入する前にもう少し待つことを勧めるかもしれません。赤ちゃんがグレープフルーツを食べた場合の反応に注意してください。じんま疹、下痢、腹痛、むずむず感は、アレルギー反応の一般的な症状です。赤ちゃんが固形食品を食べ始めたばかりなら、ピューレのフレッシュなグレープフルーツ。彼女が自分の食べ物を手に入れたら、グレープフルーツを細かく刻んで窒息のリスクを減らします。砂糖をまぶすことはフレッシュなグレープフルーツの一般的なサービング方法ですが、赤ちゃんのサービングに砂糖を追加しないでください。砂糖を追加すると、虫歯や虫歯のリスクが高まります。

Copyright © 2020, ribenhl.com, All Rights Reserved