ホーム   私たちに関しては
ホーム  ›  未分類

フルーツジュースは腸の問題に影響しますか?

2022-06-25 08:09:32

たとえば、慢性便秘、クローン病、セリアック病、過敏性腸症候群、果糖吸収不良など、どのような種類の腸の問題があっても、特定の食品は症状を強めることがあります。少量のフルーツジュースはあまり気にしないかもしれません。しかし、ジュースを定期的に飲み始めたり、特定の種類の飲み物を飲んだりすると、実際に飲み物が腸の状態を悪化させる可能性があります。

細菌の問題

低温殺菌されたジュースは、特定の期間、特定の温度に加熱されます。このプロセスは、時には激しい腹痛や下痢を引き起こす病気を引き起こす微生物を破壊します。しかし、フルーツジュースが低温殺菌されていない場合、有害な細菌が存在する可能性があるため、食中毒を引き起こす可能性があります。問題の可能性を減らすために、常に低温殺菌ジュースを選択してください。一般的に、常温で棚に出されているジュースは低温殺菌されています。低温殺菌されていない品種は、低温殺菌されたものとともに、市場の冷蔵セクションにあります。ラベルをよく読んで、お気に入りの飲料が低温殺菌されていることを確認してください。

腸刺激

特定の種類のジュースは、排便を促進し、排便を促進します。プルーンジュースとオレンジジュースは、多くの場合ジュースに含まれる繊維の含有量や糖の種類が原因で、腸を動かせる飲み物の例です。ただし、体によっては、他のジュースでも同様の効果が見られる場合があります。これは、少しバックアップをとっている場合に役立ちます。また、便が緩んでいる傾向がある場合は問題が発生し、状態を悪化させる可能性があります。

糖アルコールの問題

一部の「軽い」または「ダイエット」フルーツジュースには、ソルビトール、エリスリトール、キシリトールなどの追加の糖アルコールが含まれています。これは、通常の砂糖よりもカロリーが低いためです。一部の人々は、糖アルコールを消化するのに苦労しており、腸は緩下剤として機能します。少量では気にならなくなるかもしれませんが、大量の糖アルコールはガス、腹部けいれん、下痢を引き起こす可能性があります。リンゴ、ブドウ、梨などの一部の果物には糖アルコールが自然に含まれているため、これらの種類のジュースは下剤効果があります。

フルクトース吸収不良

すべてのジュースにはフルクトースまたはフルーツシュガーが含まれているため、吸収が悪く、健康であっても腸の問題が発生することがあります。しかし、一部はフルクトースに特に敏感であり、フルクトース不耐症または吸収不良として知られている状態です。この場合、あなたの体は果糖を分解することができません。未消化の糖は、腸内の健康な細菌と反応するため、二酸化炭素と水素(ガスの専門用語)を生成します。あなたは膨満感とガスっぽさを残し、ジュースを飲んだ直後に下痢になる可能性があります。

合併症の解決

フルーツジュースに関連している可能性のある腸の問題が発生している場合は、フルーツジュースをすべてスキップしても問題ありません。ジュースを飲むことにした場合は、水で薄めてください。たとえば、ジュース1分の1から水1部または2部のように、症状が改善するかどうか確認してください。フルーツジュースを希釈することで、求めている風味を引き出すことができますが、ジュース全体の糖摂取量を半分に減らすことができ、その後腸の問題を軽減することができます。腸の問題が解決しない場合は、常に医師に相談してください。

Copyright © 2020, ribenhl.com, All Rights Reserved