ホーム   私たちに関しては
ホーム  ›  未分類

赤ちゃんの消化を調整するのに役立つ食品

2022-06-09 08:09:31

おなかの痛み、嘔吐、便秘、酸逆流は、生後数か月のほとんどの赤ちゃんに影響を与えます。授乳中に大量の牛乳を吐いたり、窒息したりする新生児を見かけることは珍しくありません。疝痛と下痢も一般的です。親として、赤ちゃんを健康に保ち、最適な成長に必要な栄養素を確実に受け取るようにするのはあなたの責任です。特定の食品は消化を助け、子供の栄養素を吸収する能力を向上させることができます。

母乳

専門家は、最大6か月間の母乳育児を推奨しています。母乳は、赤ちゃんが強く健康的に成長するために必要なエネルギーと栄養素を赤ちゃんに提供します。また、脳の発達をサポートし、認知を改善し、感染症から保護します。

研究によると、母乳を与えられた赤ちゃんでは呼吸器系の問題、喘息、アレルギー、下痢はそれほど一般的ではありません。さらに、母乳育児は全体的な健康状態の改善とIQスコアの上昇に関連しています。このスーパーフードのタンパク質は、乳児用調製粉乳に比べて消化が容易で、耐性も優れています。

有益なバナナ

赤ちゃんが成長するにつれて、ゆっくりと固形食品を紹介することができます。バナナは彼のおなかには特に有益です。これらの自然に甘い果物は、より多くの繊維を誇り、より良い消化につながります。彼らは下痢や便秘を助け、腸内細菌叢のバランスを取り、満腹感を高めます。

バナナはまた、抗炎症、抗ウイルスおよび抗菌特性を誇ります。したがって、それらは細菌や感染症から赤ちゃんを守ることができます。さらに、消化を調節して規則性を促進する繊維の一種であるペクチンが豊富です。これらの果物に含まれるアミノ酸であるトリプトファンは、睡眠を改善し、体をリラックスさせます。

赤ちゃんのためのブロッコリー

カルシウム、葉酸、抗酸化物質が豊富なブロッコリーは、赤ちゃんにとって最も健康的な食品の1つです。このアブラナ科の野菜は、腸内細菌叢の回復を助け、消化管の炎症を軽減します。繊維含有量が多いため、便秘を緩和し、消化器系の健康をサポートします。さらに、腸内細菌を増やし、より強力な免疫システムと栄養吸収の改善につながります。

赤ちゃんにブロッコリーを与えすぎないでください。この野菜を大量に摂取すると、膨満感やガスを引き起こす可能性があります。理想的には、消化しやすいピューレのブロッコリーを使用します。

ヨーグルト–できればプレーン

プロバイオティクスが豊富で、ヨーグルトは消化しやすく、腸内細菌叢を助けます。ほとんどのブランドには、腸を再構成して消化機能を改善する2つの細菌種であるBifidobacterium lactisとLactobacillus acidophilusが含まれています。腸に生息する微生物は、代謝、免疫、脳の健康、体組成などにおいて重要な役割を果たします。

赤ちゃんが乳製品にアレルギーがない限り、ヨーグルトは安全で健康的な選択肢です。さらに、乳糖​​よりも乳糖が少ないです。プロバイオティクスに加えて、カルシウム、タンパク質、ビタミンD、その他の栄養素が含まれています。あなたの子供は骨の成長と発達のためにカルシウムを必要とします。ビタミンDはカルシウムの吸収を改善し、免疫機能を高めます。

プレーンヨーグルトを選び、風味のある品種は避けてください。フルーツヨーグルトには、長期的に全体的な健康に影響を与える砂糖、防腐剤、合成染料が含まれている場合があります。良い選択は、従来の対応物よりも多くのタンパク質を誇るギリシャのヨーグルトです。

これらは、赤ちゃんの消化の健康を促進する多くの食品のほんの一部です。お子様は、アボカド、幼児用シリアル、皮なしリンゴ、プルーン、ピューレ野菜も食べることができます。別の健康的なオプションは、消化を調節し、膨満を防ぐ酵素であるブロメラインを含むパイナップルです。ナッツ、種子、ピーナッツバター、ポップコーン、柑橘系の果物、チョコレートは胃のむかつきを引き起こす可能性があるので、避けた方がよいでしょう。

Copyright © 2020, ribenhl.com, All Rights Reserved