ホーム   私たちに関しては
ホーム  ›  未分類

生で食べるのに適した魚

2022-04-12 08:09:31

調理した魚を食べることは、生の魚を食べることより安全です。しかし、一部の魚は生で食べるのに適していないため、適切な種類を購入する必要がある生の魚を食べることを好む人もいます。生鮮魚を食べることによる食中毒のリスクを最小限に抑えるために、適切な食品安全対策も講じる必要があります。

魚の種類

寿司のような生の準備で一般的に使用されるシーフードには、スズキ、マグロ、サバ、ブルーマーリン、メカジキ、ブリ、サーモン、マス、ウナギ、アワビ、イカ、アサリ、アークシェル、アユ、ホタテ、鯛、ハーフビーク、エビ、ヒラメが含まれます、コックル、タコ、カニ。キハダ、サザンブルーフィン、ノーザンブルーフィン、ツヌスアラルンガ、ツヌスアトランティックス、ツヌスオベサスなどの特定の種類のマグロは、食中毒を引き起こす可能性が低く、最初に冷凍する必要がないため、生の形態で提供するのに特に適しています。 。

魚を買う

生で提供する魚を購入するときは、この種類の魚が食中毒のリスクを制限するような方法で前処理されているため、寿司グレードのラベルが付いている魚を購入してください。これには、家庭用ディープフリーザーでは達成できない非常に低い温度で一定時間魚を冷凍することが含まれます。健康規制により、生で提供されるシーフードは、特定の種類のマグロを除き、最初はこの方法で冷凍する必要があるため、レストランで購入する寿司は事前に冷凍されていると規定されています。損傷したパッケージ、パッケージに氷の結晶または霜が含まれているパッケージ、または冷凍庫の冷凍ラインより上に保管されている冷凍魚は購入しないでください。

水銀レベル

ブルーマーリン、サバ、スズキ、メカジキ、マグロ、ブリは水銀が多いので、これらの高水銀生魚の摂取を制限してください。大量の水銀は神経系の機能に影響を与える可能性があるためです。王サバとメカジキは、最高レベルの水銀を含む魚介類の一種です。そのため、それらの消費を避けたい場合があります。

食品安全

非寿司グレードの魚には、リステリア、サルモネラ菌、黄色ブドウ球菌、腸炎ビブリオなどの食中毒を引き起こす可能性のある寄生虫が多く含まれている可能性があります。寿司グレードの魚でさえ、これらの寄生虫の増殖を防ぐために使用する準備ができるまで、華氏41度以下に冷蔵保存または冷凍しない場合は特に、これらの寄生虫がいくらか含まれている可能性があります。冷凍魚を冷蔵庫で解凍し、給仕するまで冷蔵してください。カウンタートップで解凍すると、食中毒のリスクが高まります。

Copyright © 2020, ribenhl.com, All Rights Reserved