ホーム   私たちに関しては
ホーム  ›  未分類

ファーストフードがいかにあなたに悪影響を及ぼすか

2022-03-11 08:09:31

ジューシーなドライブスルーチーズバーガーと熱くて塩辛いフライのペーパースリーブをつかむのは便利に思えるかもしれませんが、時間の経過に伴う健康へのコストはそうでないことを示唆しています。ほとんどのファーストフードは、過度に加工され、保存料が含まれているだけでなく、ナトリウムと高脂肪含有量が詰め込まれています。バケツサイズのダイエットソーダとお食事を組み合わせると、蹄にかなりの毒があります。ファーストフードがあなたの体にどのように影響するかを知ることは、外出時に賢い選択をするのに役立ちます。

ナトリウムが体に与える影響

血中のナトリウム、カリウム、水の適切なバランスを保つことは、健康的な血圧を維持するために重要です。ファーストフードを食べると、血流中のナトリウムのレベルが異常なレベルに上昇し、体が水分を保持してバランスを回復しようとする可能性があります。ナトリウムを過剰に摂取すると、高血圧につながる可能性があり、心臓発作、脳卒中、特定の種類の癌の危険にさらされます。食事にファーストフード以外の選択肢がない場合は、ナトリウムの量が最も少ないメニュー項目を見つけ、ソーダの代わりに、特にダイエットソーダの代わりに水、フルーツジュース、またはアイスティーを選びます。

高脂肪の危険性

動物製品に見られるような飽和脂肪の多い食事を食べると、血中コレステロール値が高くなる可能性があります。低密度リポタンパク質(LDL)は、血流に沿って浮遊する小さな小球を形成するため、悪玉コレステロールとして知られています。トリグリセリドと呼ばれるこれらの小さな脂肪球が多すぎると、動脈が詰まる可能性があります。これは高血圧の原因となり、心臓発作や脳卒中のリスクが高まります。

高脂肪食もメタボリックシンドロームにつながる可能性があります。これは、主に腹部に蓄えられた脂肪、高血糖値、高血圧、高コレステロールなどの症状の集まりです。これらすべてが存在する場合、糖尿病、心臓病、脳卒中のリスクが高くなります。

ダイエットソーダの効果

そのベーコン・チリ・チーズバーガーのカロリー数を相殺するためにダイエット・ソーダを注文するのは魅力的かもしれませんが、これは悪い考えです。ダイエットソーダの人工甘味料は、アルツハイマー病や認知症を発症するリスクが高いなど、いくつかの悪影響に関連しています。さらなる研究が必要ですが、人工甘味料が脳をどのように感知して反応するか、または消化器系の健康な細菌にどのように影響するかに対する人工甘味料の影響は、身体的および精神的健康の両方に深刻な悪影響を与える可能性があります。

ファーストフードと気分

ファーストフードが体に与える影響はあまり知られていませんが、脳にどのように影響するかです。脂肪、糖分、塩分が非常に多い食品は、インスリンレベルに悪影響を及ぼします。これは、膵臓によって調節される血流中のレベルと、それを産生する脳の能力の両方です。非常に高いレベルのインスリンは、2型糖尿病を発症するリスクに関連しています。しかし、貧しい食生活のために必須脂肪酸のバランスが崩れている場合は、うつ病のリスクを高めることもできます。多くのファーストフード店はメニューを整理しようとしているので、栄養情報を調べて、見つけられる最も新鮮で最も自然なアイテムを選びます。

Copyright © 2020, ribenhl.com, All Rights Reserved