ホーム   私たちに関しては
ホーム  ›  未分類

エゼキエルブレッドは全粒穀物ですか?

2022-03-09 16:04:01

エゼキエルブレッドは、エゼキエル4:9とも呼ばれ、Food for Life社が製造した有名ブランドのパンです。 Ezekiel Breadは、発芽した全粒穀物パン、種子、調味料から作られた5種類のパンを宣伝しています。エゼキエルブレッドは、全粒穀物の特定のサブタイプである発芽穀物から作られていますが、全粒パンです。

全粒穀物とは何ですか?

全粒穀物評議会によると、全粒穀物およびパンなどの全粒穀物製品は全種穀物を使用しているため、穀物の必須部分とその栄養素はすべて、それらが自然に発生する割合と同じです。転がり、クラッキング、または調理によって穀物が分解された場合でも、完成した食品、この場合はパンは、元の種子穀物と同じバランスの栄養素を提供します。エゼキエル発芽全粒穀物パンは、小麦、大麦、キビ、麦芽大麦、レンズ豆、大豆、スペルトを含むすべて発芽した穀物のミックスが特徴です。

発芽穀物とは何ですか?

発芽穀物は、穀物が少し発芽するように発芽プロセスを開始した全粒穀物です。したがって、穀物は種子と新しく成長する植物の間の段階にあります。発芽した穀物と見なされるものについての標準化された定義は存在しませんが、湿式法または乾式法は発芽した穀物を生成します。乾式法では、穀物が発芽し始め、すぐに乾燥するため、貯蔵寿命が長くなります。湿式法は、発芽した穀物をペースト状にすりつぶして焼き菓子を作る。湿式法では、発芽した穀物を小麦粉に製粉する必要がないため、完成品は「小麦粉なし」と呼ばれることがよくあります。発芽した穀物パンを湿式法で作る。

エゼキエルブレッドの栄養成分表

Food for Lifeによれば、エゼキエルパンの発芽全粒穀物の1スライスは1スライスあたり80カロリーで、そのうち5つは脂肪由来です。 1食あたりの脂肪がわずか0.5グラムなので、1枚のスライスで3グラムの食物繊維と4グラムのタンパク質も得られます。 1日あたりの食物繊維の推奨摂取量は25〜38グラムです。これにより、エゼキエルブレッドは小麦パンよりも健康的な選択肢になり、その1スライスは78カロリーしかないが、総脂肪は1グラム、タンパク質は3グラムしかない。小麦パンの1サービングは、食物繊維が少なく、1サービングあたり1.2グラムしかありません。

繊維と葉酸の増加

発芽プロセスは、種子に貯蔵されたデンプンを植物がより容易に消化できるようにし、栄養素を人々がより容易に利用できるようにします。 2007年の「Journal of Agricultural and Food Chemistry」には、発芽した全粒小麦の穀物が葉酸と食物繊維の利用率を高め、タンパク質の利用率を低下させることが判明した研究が含まれています。栄養素の利用可能性の増加は、発芽中の時間と温度に依存していました。グルテンタンパク質は発芽のすべての段階で減少しましたが、発芽後102時間、摂氏20度から25度の間で最適な葉酸レベルが発生しました。食物繊維濃度は、168時間の発芽後に最高になりましたが、不溶性繊維の増加は、可溶性繊維の50%の減少を伴いました。

Copyright © 2020, ribenhl.com, All Rights Reserved