ホーム   私たちに関しては
ホーム  ›  未分類

卵は胆嚢を悩ますか?

2022-02-21 08:09:01

卵は安価で、たんぱく質が豊富で、調理も簡単です。残念ながら、卵黄はコレステロールが高いです。コレステロールが多すぎると、炎症や胆石などの胆嚢の問題を引き起こす可能性があります。ただし、胆嚢の問題を回避するために卵子を完全に切除する必要はありません。食事と体重に関する節度とマインドフルネスにより、胆嚢を引き起こさずに安全に卵を食べることができます。

健康のヒント

卵はコレステロールが高いです。コレステロールを過剰に摂取すると、胆嚢の問題を引き起こす可能性があります。

胆嚢機能

胆嚢は肝臓に付いている小さな嚢で、胆汁を蓄えます。胆汁は脂肪を分解することで消化を助けます。肝臓は胆汁を作り、胆嚢に蓄えます。胆嚢は必要に応じて胆汁を小腸に放出します。コレステロールが多すぎると、胆嚢の機能が阻害され、胆石の発生につながる可能性があります。

胆石と胆嚢攻撃

胆汁中の過剰なコレステロールは結晶化した顆粒を形成します。これらの穀物は一緒に凝集して胆石を形成します。胆嚢内の胆石は即時の問題を引き起こしません。ただし、胆石が大きくなりすぎたり、数が多すぎたりして、胆管が胆嚢から小腸に流れるようにする管を塞いだ場合、問題が発生します。この閉塞は胆嚢の炎症を引き起こし、胆嚢発作を引き起こします。症状には、上腹部の痛み、肩甲骨間の痛み、吐き気、嘔吐などがあります。重度の発作は、発熱や悪寒(冷感)の原因にもなります。胆石の重篤または再発性の症例では、胆嚢の外科的切除が必要になる場合があります。胆石は、20歳から60歳までの女性では男性よりも女性に多く見られます。60歳を過ぎると、両方の男性に等しく共通します。

卵のコレステロール

コレステロールの多い食事は、胆嚢の問題の重要な危険因子です。飽和脂肪が多い食品にもコレステロールが多く含まれています。卵黄、バター、クリーム、肉、ラードなどの動物性食品はすべてコレステロールが豊富です。 1つの卵黄には200ミリグラムのコレステロールが含まれています。コレステロールの1日あたりの推奨値は300mgで、1回の朝食で1日分以上のコレステロールを簡単に摂取できます。

健康的な食事の一部としての卵

それらのコレステロール含有量にもかかわらず、卵は健康的な食事の一部として消費することができます。卵はタンパク質やその他の栄養素の良い供給源です。適度に食べるか、卵の白身だけを食べると、全体的な低コレステロール食と組み合わせると、コレステロールの摂取量を効果的に制限できます。バター、クリーム、脂肪の多い肉を制限することで、コレステロールの予算内で卵が入る余地が増えます。卵を食べるときは、チーズと加工された朝食の肉をスキップし、果物、野菜、全粒穀物で食事を仕上げます。

その他の危険因子

高脂肪、高コレステロール食に加えて、肥満は胆嚢の問題を発症する別の危険因子です。急速な減量、ヨーヨーダイエット、長時間の断食、それに続く大量の食事の摂取も、胆嚢の問題の原因となります。健康的な体重を維持し、ゆっくりと着実に体重を減らし、定期的に食事をとることで、胆嚢の発作を防ぐことができます。高脂肪の食事を食べることも症状を引き起こす可能性があるため、1度に動物性脂肪や揚げ物を食べ過ぎることは避けてください。

Copyright © 2020, ribenhl.com, All Rights Reserved