ホーム   私たちに関しては
ホーム  ›  未分類

魚油ジェルキャップを取ることの効果

2022-02-17 16:04:01

魚油サプリメントを服用すると、健康上の利点が得られる場合がありますが、意図しない影響が生じる可能性もあります。魚油ジェルカプセルは、多くの場合、スプーン1杯の魚油を摂取するよりも便利であり、通常、一部の魚油サプリメントのように冷蔵する必要はありません。魚油キャップを服用することで起こり得る負の副作用を回避するには、服用する前に医師に確認し、魚油を常に推奨用量で摂取してください。

心血管の利点

定期的に魚油ジェルキャップを取ることは、心臓病を発症するリスクを減らすのに役立ちます。魚油の心疾患予防への影響を調べる研究では、さまざまな結果が示されていますが、2010年に「現在のアテローム性動脈硬化症の報告」で発表されたレビューでは、オメガ3が豊富な魚油は血中トリグリセリドレベルを下げ、うっ血性心不全による死亡率を低下させ、一次および二次心臓病の予防に有益です。 MedlinePlusは、魚油を1グラムのカプセルの形で摂取すると、トリグリセリドレベルが低下することを確認します。これにより、心臓病のリスクが低下します。

認知健康のための利点

魚油に含まれるオメガ3脂肪酸は、乳幼児の適切な認知発達に必要であるため、魚油が成人の認知に影響を与えることは当然のことです。 2013年に発表された「Psychopharmacology」の研究では、魚油カプセルを摂取した軽度認知障害の高齢者が、プラセボカプセルを摂取した被験者と比較して、認知機能と記憶力に大幅な改善を示したことがわかりました。

出血リスク

特に大量に魚油キャップを服用すると、出血のリスクが高まります。 MedlinePlusは、毎日3グラムを超える魚油を消費すると出血のリスクが高まり、魚油サプリメントは鼻血を引き起こす可能性があると指摘しています。血液希釈薬やハーブを服用している場合は、魚油サプリメントを服用するときは注意してください。特に薬が必要な健康状態の場合は、常に医師に相談して、適切な魚油の投与量を決定してください。

不快な副作用

可能性のある出血リスクの増加に加えて、魚油を大量に摂取すると、他の不快な副作用を引き起こす可能性があります。これらには、発疹、下痢、胸やけ、吐き気、口臭、膨満感、ガスおよびげっぷが含まれる場合があります。魚油キャップの摂取に関連するこれらの潜在的な不快な副作用を軽減するために、MedlinePlusは魚油を凍結するか、キャップを食物と一緒に摂取することをお勧めします。メリーランド大学医療センターは、魚油サプリメントの徐放性製剤を服用することも、不快な副作用を減らすのに役立つ可能性があると指摘しています。

Copyright © 2020, ribenhl.com, All Rights Reserved