ホーム   私たちに関しては
ホーム  ›  未分類

ニンジンを食べることは実際にあなたのビジョンを高めますか?

2022-01-22 08:09:31

にんじんを食べると人の視力障害を矯正したり、暗闇で見たりするのに役立つとよく誤解されているので、ニンジンを食べることは視力に良いと聞いたことがあるかもしれません。ニンジンは視力に優れていることは事実ですが、視力を向上させることはできません。

ニンジンとビジョン

ニンジンは視力を改善することはできませんが、ビタミンAの一種であるベータカロチンの優れた供給源です。このビタミンの欠乏は、視力の問題や最終的には失明につながる可能性があります。人が十分なビタミンAを摂取しないと、時間の経過とともに、目の中の視細胞が劣化し始め、視力が妨げられます。このプロセスは、健康的な食事をとり、毎日マルチビタミンを摂取することで、システム内のビタミンAの量を回復することで元に戻すことができます。

その他のビタミン

ニンジンには、ビタミンAに加えて、目にも有益な多くの栄養素が含まれています。ビタミンA、C、Eはすべて、黄斑変性症や白内障などの目の病気の発生率を下げるのに役立ちます。黄斑変性症は、黄斑と呼ばれる網膜の中心が崩壊し始め、視野の中心にかすみ目や盲点が発生する状態です。一方、白内障は眼の水晶体の曇りであり、ぼやけた視界と霧のような外観を引き起こします。

視力の改善

視力を改善する魔法の食べ物やサプリメントはありません。ただし、健康的な食事をするなど、健康的な視力を維持するための対策を講じることはできます。ニンジンや他のオレンジ色の野菜を食べることで十分なビタミンAを得ることに加えて、他の食品も視力を維持するのに役立ちます。緑豊かな緑にはゼアキサンチンと呼ばれる抗酸化物質が豊富で、柑橘系の果物や果実にはビタミンCが豊富です。ゼアキサンチンとビタミンCの両方が黄斑変性と白内障を遅らせることが証明されています。卵には亜鉛が含まれ、アーモンドにはビタミンEが豊富に含まれています。これらの栄養素は、黄斑変性症の発症リスクを軽減するのにも役立ちます。

視覚の問題のヘルプを取得する

黄斑変性症などの視力の問題がすでに発生していると思われる場合、または視力が悪化している場合は、食事やサプリメントで問題を自己治療しないでください。代わりに、最善の戦略は、いくつかのテストと高度なテクノロジーを自由に利用できる検眼医を訪問して、ビタミンA欠乏症に起因する視力の問題など、さまざまな目の問題を診断することです。問題を診断した後、彼女はあなたの視力を改善するか、またはさらなる問題が発生するのを防ぐように設計された治療計画を推奨できます。

Copyright © 2020, ribenhl.com, All Rights Reserved