ホーム   私たちに関しては
ホーム  ›  未分類

アボカドの消化効果

2021-12-11 16:04:01

アボカドは何百年もの間人間の食生活の一部を占めてきました-彼らはヨーロッパ人の開拓者が来る前にアメリカで広く栽培されていました。今日では、ほとんどの食料品店でアボカドを見つけて、クリーミーでリッチな肉をさまざまなレシピで使用できます。彼らはカロリーが高い-スライスしたアボカドの1/2カップには117カロリーが含まれています-アボカドは健康的な脂肪、ビタミンEやビタミンK、消化器の健康に重要ないくつかの栄養素などの有益な栄養素を提供します。

食物繊維

アボカドの有益な繊維は、健康的な消化を促進するのに役立ちます。繊維は消化管を通過するときにエネルギーに分解するのではなく、水分を吸収して便(軟便)を柔らかくしてほぐします。これは便秘の解消に役立ちます。食物繊維が豊富な食事はまた、結腸の憩室と呼ばれるポケットの成長に関連する疾患である憩室疾患のリスクを低下させます。スライスしたアボカドを1杯食べると、繊維の摂取量が4.9グラム増加します。これは、男性と女性の1日あたりの繊維の必要量のそれぞれ13パーセントと19パーセントです。

ビタミンC

アボカドに含まれるビタミンCも消化の健康を促進します。あなたの消化管はコラーゲンを含んでいます-組織の強度を提供するためにタイトなフィブリルを形成するタンパク質のタイプ。コラーゲン繊維が腸壁を包み込み、食事中のビタミンCは、組織の強度を維持するのに十分なコラーゲンを生成するのに役立ちます。 Linus Pauling Instituteによれば、ビタミンCが豊富な食事を摂ることで、胃癌のリスクが低下するなど、他の消化効果が得られます。スライスしたアボカドのカップには、7.3ミリグラムのビタミンCが含まれています。これは、男性の1日のビタミンCの必要量の8%、女性の10%を占めています。

Bコンプレックスビタミン

食事にアボカドを加えると、B複合ビタミンの摂取量が増えます。これらの栄養素は、細胞が食品から燃料を得るのに役立つため、健康的な消化をサポートします。たとえば、ビタミンB-6はタンパク質の代謝を助け、パントテン酸は炭水化物、脂肪、タンパク質をエネルギーに変換します。スライスしたアボカドのカップには、1.01ミリグラムのパントテン酸と188マイクログラムのビタミンB-6が含まれています。パントテン酸とビタミンB-6の1日あたりの推奨摂取量のそれぞれ20パーセントと14パーセントです。アボカドは、ナイアシン、チアミン、リボフラビンなど、他のB複合ビタミンも少量提供しています。

提供のヒントと提案

アボカドと他の健康食品を組み合わせて、適切な消化をサポートする食事を作りましょう。たとえば、アボカドと他の野菜(ケールや赤ピーマンなど)を組み合わせ、七面鳥の胸肉を100%全粒トルティーヤラップで焼いて、繊維、ビタミンC、B複合ビタミンが豊富なクイックランチを作ります。アボカドの塊を緑豊かなグリーンサラダに加え、クランチ(および繊維)を一握りのナッツで加えます。あるいは、アボカドをマッシュしてサルサやライムジュースと混ぜ合わせ、全粒粉のクラッカーや刻んだ野菜とよく合うワカモレのようなすくいができます。

Copyright © 2020, ribenhl.com, All Rights Reserved