ホーム   私たちに関しては
ホーム  ›  未分類

炭水化物の消化と代謝

2021-12-10 08:09:32

炭水化物の消化と吸収の目標は、炭水化物をグルコースと呼ばれる糖の小さな分子に分解することです。グルコースは、体内のすべての細胞の代謝と機能を促進する主要な燃料です。たとえば、脳と赤血球は、通常の状況では脂肪やタンパク質を使用しないため、エネルギーをグルコースに依存しています。したがって、炭水化物の摂取、消化、代謝は、すべての身体機能にとって重要です。

「栄養を理解する」という本によれば、炭水化物の消化は口から始まります。食べ物を噛むと唾液の流れが刺激され、唾液内でアミラーゼと呼ばれる酵素が炭水化物を分解するプロセスを開始します。口の中で非常に長い間、口の中での炭水化物の消化は、消化管の他の場所で起こることに比べてわずかです。

消化管

食物を噛んだり飲み込んだりすると、胃が刺激されて胃酸が放出されます。胃酸は炭水化物を分解する酵素はありませんが、炭水化物を分解し続けます。次に、部分的に消化された炭水化物の塊は、胃からの排出と呼ばれるプロセスで胃から小腸に排出されます。部分的に消化された炭水化物が小腸に到達すると、より多くの酵素が放出されて炭水化物をさらにグルコース分子に分解します。

シンプルで複雑

「機能性食品炭水化物」によると、単純な炭水化物の方が複雑な炭水化物と比べて胃内容排出が速くなります。単純な炭水化物は、1つの糖分子または2つの糖分子が互いに結合して構成されます。胃から腸へと急速に排出されます。単純な炭水化物のソースには、キャンディー、デザート、ソーダに含まれる砂糖だけでなく、牛乳や果物の砂糖も含まれます。対照的に、複雑な炭水化物は、3つ以上の砂糖のネットワークで構成されているため、消化吸収に時間がかかります複雑な炭水化物には繊維が含まれていることもよくあります。例としては、豆、レンズ豆、全粒穀物などがあります。複雑な炭水化物は、糖結合の複雑さとその繊維状の性質により、胃排出を遅らせる傾向があります。

代謝

炭水化物の消化と吸収の速度は炭水化物の代謝に影響します。 「機能性食品の炭水化物」によれば、炭水化物の急速な分解は血流中のグルコースの過負荷につながります。膵臓はインスリンをポンプで排出して血糖値をすばやく下げます。体内の臓器や組織がすぐに必要とする場合、グルコース分子がそこに送達されます。そうでなければ、過剰なグルコース分子は肝臓と筋肉にグリコーゲンとして保存され、グリコーゲンはすぐに利用できるグルコースの予備として機能します。インスリンの急増は、過剰なグルコース分子の体脂肪への変換にもつながります。複雑な炭水化物は消化と吸収が遅くなります。血糖値が急激に上昇したり、単純な炭水化物に見られる特徴的なインスリンスパイクが発生する可能性は低くなります。したがって、複雑な炭水化物は体にグルコースを安定的に供給し、体脂肪として貯蔵される可能性が低くなります。

Copyright © 2020, ribenhl.com, All Rights Reserved