ホーム   私たちに関しては
ホーム  ›  未分類

う蝕原性食品の定義

2021-11-06 16:04:31

Merriam-Webster辞書によれば、う蝕原性は「虫歯の発生を助長する」と定義されています。アメリカ歯科衛生士協会は、非常に発酵性の高い炭水化物含有量と粘り気のある粘り気があり、口の中で細かく砕け、口内のpHが5.5未満に低下し、高度に加工されているものとして、う蝕原性食品の特徴を挙げています。

砂糖とでんぷん質の食品

発酵性炭水化物食品は、口の中の唾液によって分解されるものです。例としては、パン、クラッカー、加糖シリアル、キャンディー、ケーキ、またはその他の菓子などのでんぷん質または糖質食品が含まれます。細菌がこれらの食品を分解すると、酸を放出します。口のpHレベルが5.5未満の場合、酸が歯のエナメル質を分解し始めます。砂糖はpHレベルを下げます。歯が低いpHと高い酸含有量に接触している時間が長いほど、虫歯が発生する可能性が高くなります。

粘着性食品

ドライフルーツ、フルーツスナック、クッキーなどの粘着性のある食品は、歯にくっつくために虫歯につながる可能性があります。細菌がこれらの食品を分解することによって放出される酸は、虫歯につながる長期間にわたって口の中に残ります。細かく砕かれた食品も詰まって、歯の間の裂け目や大臼歯の深い裂け目に長時間とどまり、同じ損傷を引き起こす可能性があります。

飲料

飲み物は通常、口の中に長く留まることはありませんが、砂糖の入った飲み物を1日を通して頻繁に飲むと、むし歯ができる可能性が高くなります。歯が常に砂糖入りの飲み物と接触している場合、細菌によって生成された酸が口の中に残り、虫歯を引き起こします。これは、口の中にボトルやシッピーカップが常にある赤ちゃんや幼児に特に当てはまります。 「アメリカ歯科学会誌」の2008年の調査では、ミルクやジュースよりも砂糖を多く含む炭酸飲料を摂取した子供は、ミルクやジュースよりも炭酸飲料を摂取しない子供よりも虫歯を発症する可能性がほぼ2倍高いことがわかりました。食事と一緒にソーダ、ジュース、牛乳を飲み、食事の合間に水を飲むと、虫歯が発生する可能性が低くなります。

その他の要因

アメリカ歯科衛生士協会は、虫食い食品を食事と一緒に食べた後、非虫食性食品を食べて有害な影響を減らすことを推奨しています。チーズ、果物、野菜などの食品は唾液産生を刺激し、う蝕原性食品を口から洗い流し、歯から洗い流します。協会はまた、一度に大量の糖質食品を食べることは、少量をより頻繁に消費するよりも優れていると述べています。これにより、虫歯の原因となる食べ物や飲み物への歯の露出が減少します。

Copyright © 2020, ribenhl.com, All Rights Reserved