ホーム   私たちに関しては
ホーム  ›  未分類

タンポポと消化

2021-10-22 08:09:01

タンポポ、Terraxacum officinaleは、長く深い鋸歯状の葉を持つ黄色の花の咲く多年生草本です。田舎、都市、郊外の風景のどこにでもあるユビキタスで、その活発な成長の習慣と羽毛の銀の種の房は、快適ですが侵略的な雑草にしています。タンポポの根、葉、花は食用で栄養価が高く、消化の健康に一定の利点があります。

胃機能

タンポポは、2011年8月の「神経胃腸病学と運動性」の号で発表された動物実験で、タンポポを摂取しなかった対照群と比較して、胃の運動性(食物が胃を通過する速度)を37%も増加させました。ハーブは、胃内の圧力を高め、胃と小腸の間の筋括約筋を弛緩させることによって機能しました。研究者たちは、タンポポが胃の運動性をその目的で使用される薬物よりも18パーセントも増加させたと指摘しました。

膵臓の健康

タンポポは、2008年1月に発表された「World Journal of Gastroenterology」で発表された動物実験で、膵炎からの保護に貢献しました。科学者は、膵臓炎を誘発する物質とともに、体重1キログラムあたり10ミリグラムのタンポポを毎日5日間投与しました。結果は、タンポポを受けなかった対照群と比較して、膵臓の重量の減少と炎症を促進する免疫分子のレベルの低下を示し、炎症と体液の蓄積が少ないことを示しています。タンポポを補充した動物はまた、より高いレベルの熱ショックタンパク質を示しました。これは、ストレスの期間中に細胞が健康なタンパク質産生を維持するのを助けるタンパク質分子のカテゴリーです。

肝臓の利点

タンポポの葉の肝臓保護効果は、2012年6月の「Journal of Medicinal Food」に掲載された動物実験で実証されました。タンポポは、蓄積された毒素や老廃物によって損傷を受けた酸化脂質のレベルを低下させ、肝臓内の抗酸化化合物の枯渇を防ぎました。タンポポはまた、市販の鎮痛剤と抗炎症薬であるアセトアミノフェンに反応して、肝臓の酵素レベルの上昇(肝臓へのストレスの兆候)を防ぎました。研究者たちは、タンポポのフェノール系抗酸化物質が、肝臓の細胞を損傷する反応性分子であるフリーラジカルを中和する能力の原因であると結論付けました。

食事の用途

タンポポは用途が広く、毎日の食事に取り入れやすいです。化学処理されていないタンポポが散りばめられた芝生にアクセスできれば、春から秋にかけて安定した供給が得られます。それ以外の場合、商業的に栽培されたタンポポの葉は、多くの健康食品店で入手できます。その葉は、サラダや炒め物に、心地よく穏やかな苦味と繊細な食感を与えます。紅茶やコーヒーの代用品として、スモーキーな味わいのタンポポの根を焙煎しました。タンポポの根をローストして、お気に入りの自家製アイスクリームのレシピに風味を付けることもできます。

Copyright © 2020, ribenhl.com, All Rights Reserved