ホーム   私たちに関しては
ホーム  ›  未分類

食品のナトリウムが多いか少ないかをどのように考慮するか?

2021-09-17 16:04:32

ナトリウムは、多くのファーストフードや加工食品の食卓塩や食品添加物に含まれています。また、体のバランスを整え、心臓や脳の電気的活動を制御する、体に不可欠な電解質でもあります。ナトリウムを過剰に摂取すると、1日あたり2,300ミリグラム以上、心疾患のリスクがある場合には1,500ミリグラム以上、血圧を上昇させ、水分を保持し、腎臓にストレスを与える可能性があります。ただし、低ナトリウム食品と高ナトリウム食品を区別することは困難な場合があります。

ステップ1

できる限り加工食品を避けてください。冷蔵が不要な通路の加工食品ではなく、果物、野菜、肉、乳製品を食料品店の周辺で購入します。現代の食生活では、加工によりナトリウムの70%以上が追加されます。生鮮食品はナトリウムがかなり少ない。

ステップ2

ナトリウムレベルに対処する食品ラベルの真の意味を学びます。法律で規制されているものもあれば、クリエイティブなマーケティングのものもあります。 「ナトリウムを含まない」、「塩を含まない」、「非常に低いナトリウム」および「低いナトリウム」は、一食あたりのナトリウムのレベルに対応する特定の用語です。 MayoClinic.comによると、「減塩」、「軽量塩」、「無塩」の食品は、ナトリウムが非常に多い場合があります。

ステップ3

ナトリウムの量と1食分量については、食品ラベルの「栄養情報」パネルをお読みください。実際に消費する部分あたりのナトリウムが200ミリグラムを超える食品は避けてください。

ステップ4

海からの食品は控えめに食べてください。健康上のメリットはたくさんあるので、完全に避けてはいけません。魚、その他の魚介類や海の野菜は、塩分の多い環境で栽培され、同等の陸上食品よりも高レベルのナトリウムを含んでいます。

健康のヒント

  • 調理中に調味料として使用する塩の量を減らします。食事中のナトリウム濃度を下げると、食事の味を引き出すのに必要な塩分が少なくなります。

Copyright © 2020, ribenhl.com, All Rights Reserved