ホーム   私たちに関しては
ホーム  ›  未分類

なぜ乳児は卵白を食べることができないのですか?

2021-07-10 16:04:31

乳児の人生の最初の年は、新たな機会と既存の開発に満ちています。赤ちゃんは、音を這う、演奏する、模倣することを学ぶだけでなく、新しい食べ物にも興味を持ちます。見ているとき以外は、お皿から食べ物を試してみることがよくあります。あちこちに赤ちゃんを少し食べさせたくなるかもしれませんが、注意してください。卵白などの特定の食品は、乳児に深刻な問題を引き起こす可能性があります。

乳児と卵アレルギー

卵アレルギーは子供に危険な症状を引き起こす可能性があるため、多くの小児科医は赤ちゃんが1歳以上になるまで卵白を提供することを勧めません。卵白にはアレルギー成分が含まれているため、卵黄の方が安全である傾向があります。あなたの小児科医は卵白を導入する良い時期を勧めます。卵黄と白人の両方を紹介した後、アレルギー反応の兆候がないか子供を監視します。食物アレルギーの症状には、皮膚の発赤、かゆみを伴う発疹またはじんま疹、腫れ、過敏性、下痢、嘔吐および喘鳴(症状)があります。卵アレルギーの兆候が現れた場合は小児科医に連絡してください。または、赤ちゃんの口や喉の近くが腫れたり、呼吸が困難になったり、嘔吐している場合は、緊急の治療を受けてください。

アレルギーと感受性

雑誌「Parents」のウェブサイトでは、子供が初めて卵を試すときに否定的な反応を示すことは珍しくありません。多くの場合、この否定的な反応は、アレルギーではなく、単なる食物過敏症です。食物過敏症の症状には、ガス、便秘、嘔吐などがあります。食物過敏症が疑われる場合は、数週間卵を避けてから、ゆっくりと赤ちゃんの食事に戻しましょう。

その他の懸念

赤ちゃんに与える前に、卵白または卵黄が完全に調理されていることを確認してください。生または調理不足の卵には、食中毒を引き起こす可能性がある細菌の一種であるサルモネラが含まれている可能性があります。また、自家製のアイスクリーム、ムース、生のクッキー生地、ケーキのねり粉など、生卵を含む食品を子供に与えないでください。

乳児の摂食ガイドライン

乳児の人生の最初の4〜6か月間は、母乳と鉄分が強化された乳児用調製粉乳のみを提供する必要があります。この最初の数か月の間、赤ちゃんの消化器系は発達し続け、まだ卵などの固形食品を扱うことができません。生後4〜6か月頃に、母乳または粉ミルクに加えて、ピューレフルーツまたは半液体米シリアルの導入を開始します。お子様がピューレになった果物に慣れてきたら、生後6〜8か月頃にピューレ野菜、肉、豆を紹介してください。生後8か月から10か月頃に、赤ちゃんの食事に卵黄を追加します。卵を固ゆでした後、殻と卵白を取り除き、フォークを使って卵黄を細かく砕きます。

Copyright © 2020, ribenhl.com, All Rights Reserved