ホーム   私たちに関しては
ホーム  ›  未分類

妊娠中の女性は大根を食べることができますか?

2021-06-18 08:09:01

あなたが妊娠しているとき、それは危険が四隅に潜んでいるように見えます。しかし、大根のような野菜を特定の健康リスクと見なしていない可能性があります。結局のところ、野菜にはビタミンとミネラルが含まれています。大根は特に栄養価は高くありませんが、妊娠中の大根自体は不健康ではありません。大根や地面で育つその他の食品を食べる前に適切に洗わないとリスクが生じます。大根もやしは、洗浄しても除去できないバクテリアを含んでいることがあります。妊娠中の女性は、しばしば完全に新芽を避けることを避けることを選択します。

妊娠と感染

妊娠しているときは、妊娠ホルモンが免疫系を抑制するため、特定の細菌性疾患や寄生虫性疾患にかかるリスクが高くなります。たとえば、猫の糞を通過する寄生虫感染であるトキソプラズマ症などの一般的な感染症は、免疫システムが感染を制御しているため、通常、通常の状況では害を及ぼしません。妊娠中のトキソプラズマ症感染症は、しかし、あなたとあなたの赤ちゃんが病気になる可能性があります。同様に、不適切に洗った生大根のバクテリアが赤ちゃんに伝染し、病気を引き起こす可能性があります。感染による発熱や脱水症状も赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性があります。

大根のリスク

生大根は、胃腸疾患を引き起こす可能性のある有害な細菌を含む可能性のある土壌で成長します。サルモネラ菌や大腸菌などの細菌も、加工中に生大根を汚染する可能性があります。洗浄するとほとんどの細菌が除去されますが、十分に洗浄しないと、病気を引き起こすのに十分な量が残っている可能性があります。ただし、新芽の種子には細菌が含まれている可能性があります。その場合、洗濯してもそれは取り除かれません。これが一部の妊婦が生の大根もやしを完全に避けている理由です。

結果

場合によっては、微生物で汚染された生の大根や新芽を食べても、1日か2日の胃の不調を超えて結果が得られないことがあります。トキソプラズマ症などの他のケースでは、感染が赤ちゃんに伝わり、長期的な健康問題を引き起こす可能性があります。医師は妊娠中のトキソプラズマ症について検査し、長期的な問題を防ぐための治療を行うことができます。まれに、サルモネラなどの感染症が流産、早産、または胎児の死を引き起こす可能性があります。

大根を洗う

妊娠中の大根の洗浄には、蛇口の下でのすすぎは十分ではありません。流水で押さえ、清潔な野菜ブラシでこすって洗います。生大根をまな板の上に置く場合、まな板を後で熱い石鹸水で洗って除染します。そうしないと、ボードに置いた次の食品を汚染する可能性があります。生大根を扱う前後に、石鹸水で手を洗ってください。

Copyright © 2020, ribenhl.com, All Rights Reserved