ホーム   私たちに関しては
ホーム  ›  未分類

グルテン製品を食べると何日も気分が悪くなりますか?

2021-05-12 16:04:32

何日も気分が悪くなると、あなたの人生の不快でイライラする中断になります。グルテン不耐症でグルテンを含む製品を食べる場合、それはおそらくあなたの不快感の原因です。グルテン不耐症の症状はタイプと強度が大きく異なり、短時間または長時間続くことがあります。

グルテン不耐症

グルテン過敏症やセリアック病の場合は、グルテン製品を食べると悪影響が出ることがあります。小麦、ライ麦、大麦の穀物に含まれるタンパク質グルテンは、敏感な人に免疫反応やストレス反応を引き起こします。症状は人によって異なります。それらはグルテンを摂取してから数時間以内に現れる可能性があり、いくつかの症状は数日間続く可能性があります。鉄欠乏性貧血や骨粗しょう症などの他の副作用の発症にはさらに長い時間がかかります。

消化器系への影響

消化不良の副作用は、グルテン不耐症の人によく見られます。グルテンを食べると、腸に炎症や炎症を引き起こす可能性があります。これは不快な消化不良を引き起こす可能性があり、栄養素の吸収不良を引き起こす可能性もあります。下痢または便秘が持続するか、または交互に起こることがあります。悪心、嘔吐、腹部の痛み、膨満感は、グルテンの他の消化の副作用です。セリアック病でグルテンを食べ続けると、腸が損傷する可能性があります。

その他の症状

一部の人々は、グルテンを食べると頭痛や霧のような考えを引き起こすと報告しています。これらはグルテンを食べた後数日間続くかもしれません。シカゴ大学セリアック病センターによると、不安、うつ病、神経過敏、手足のしびれやうずき、関節痛、疲労もグルテンによって引き起こされる可能性があります。肘、膝、臀部のかゆみや痛みを伴う発疹は、グルテン不耐症のもう1つの考えられる指標です。栄養不足が発生した場合、症状は多様で持続する可能性があります。グルテン不耐症の少なくとも300種類の症状が記録されています。

処理

グルテンに関連すると思われる副作用がある場合は、適切な診断について医師に相談してください。グルテン不耐症がある場合、唯一の治療法は厳格なグルテンフリーダイエットです。食事からグルテンを完全に排除すると、症状がすぐに収まることがあります。ただし、セリアック病の場合、腸が完全に治るまでに6〜18か月かかることがあります。

Copyright © 2020, ribenhl.com, All Rights Reserved