ホーム   私たちに関しては
ホーム  ›  未分類

ベータカロチンを含む食品を食べると、肌の輝きを改善できますか?

2021-05-12 16:04:02

輝く肌をお探しですか?次に、日光を避けて、オレンジ色の果物と野菜を毎日の食事に加えます。肌の色調は健康の明らかな兆候であり、鏡に映るものはあなたの食事と環境を反映しています。より多くの農産物を食べると、肌の色と質感の両方が向上し、健康的なルミネセンスが時間の針を取り戻します。オレンジ色の植物色素であるベータカロチンは、内側から始まる健康的な輝きを発します。

強力な植物色素

黄オレンジ色の果物と濃い緑色の野菜には、カロチノイドと呼ばれる色素のファミリーが詰め込まれています。自然界で入手可能な500のカロチノイドのうち、約50を消費します。ベータカロチンは最もよく知られており、豊富に含まれています。体はベータカロチンを活性ビタミンA(またはレチノール)に変換します。これは健康な目、生殖、臓器、皮膚に必要です。特定の量のビタミンAをベータカロチンとして消費する必要があるという推奨事項はありません。ただし、人参を1日に1食少なめにするか、他のベータカロチンを多く含む食品を食べると、肌の色が改善され、しわやその他の老化の兆候が減るようです。

健康的な輝き

ベータカロチンは、紫外線、汚染、喫煙などのその他の環境ハザードによって引き起こされる酸素による損傷を軽減する抗酸化物質または物質として作用することにより、老化を抑制します。熟したオレンジの農産物にはベータカロチンが配合されており、適切な量で食べると、肌に輝きを与え、より魅力的で健康的であると思われる黄金の輝きに直面します。ただし、オレンジの農産物を食べ過ぎると、セルフタンナーのタンクに着陸したように見えることがあります。時間の経過とともに、1日あたり20ミリグラムのベータカロチン(3つのニンジンに含まれる量)が摂取されると、足の裏、手のひら、鼻、さらには白目がかぼちゃ黄色に変わる可能性があります色で。毒性はありませんが、見た目は良くありません。カロチンが豊富な食品の1日の摂取量を減らすだけで、カボチャの倍音のない健康的な黄金色を得ることができます。

内部日焼け止め

ベータカロチンも日焼け止めの効果を高める可能性があります。 10週間の毎日のベータカロチン補給-1日あたり90〜180ミリグラム-は日焼けを減らし、SPFを4にしましたが、ベータカロチンは大量に含まれています。 150グラムの中型のサツマイモは約14ミリグラム、100グラム、または約1カップのニンジンは約8ミリグラムです。この強力な色素によって提供される内部の日焼け止めの保護は、紫外線によって引き起こされる酸素損傷を鎮めるベータカロチンの能力によって引き起こされます。日焼け止めを高めるために、日焼け止めと相まってベータカロチンサプリメントが行く方法かもしれません。

素晴らしい肌のためのレシピ

輝く肌になると、偽の日焼けや太陽崇拝を忘れてください。健康的な色合いは、果物や野菜を食べることから生まれます。サツマイモ、ニンジン、ケール、カブグリーン、ほうれん草、鮮やかなオレンジスカッシュを食べて、ベータカロチンを強化してください。ゴールデンオレンジの農産物とディープグリーンの野菜を組み合わせて食べることで、一年中続く健康的な輝きのレシピが手に入ります。

Copyright © 2020, ribenhl.com, All Rights Reserved