ホーム   私たちに関しては
ホーム  ›  未分類

1か月に2回、赤身の肉が必要ですか?

2021-03-12 16:04:01

牛肉、豚肉、羊肉を含む赤身の肉は、タンパク質、鉄、亜鉛、ビタミンBやその他の重要な栄養素の最高の供給源ですが、脂肪やコレステロールも含まれています。他の食品には、赤身に含まれる重要な栄養素が含まれており、動脈を詰まらせる脂肪やコレステロールは含まれていません。登録栄養士のElisa Zied氏によれば、さまざまな健康的な食事を摂っていれば、月に2回、赤身の肉を必要としません。

赤身肉のメリット

赤身の肉やその他の動物性食品は完全なタンパク質源です。つまり、体が細胞を構築して維持するために必要な必須アミノ酸をすべて供給します。ほとんどの植物性食品は不完全なタンパク質なので、必要なすべてのアミノ酸を得るためには、植物性食品の正しい組み合わせを食べる必要があります。赤身の肉は、免疫をサポートするミネラルである亜鉛、および適切な神経機能と正常な血液産生に必要な特定のビタミンBの優れた供給源でもあります。さらに、赤身肉に含まれる鉄の種類は、植物性食品に含まれる鉄よりも体内でより簡単に使用できると、「指先での栄養摂取」の著者であるZiedは述べています。

赤身の危険

赤身の肉は飽和脂肪と食事性コレステロールが豊富で、心臓病のリスクを高めます。アメリカ心臓協会によると、飽和脂肪と食事性コレステロールの両方が血流中のコレステロール値を上昇させ、最終的に心臓発作や脳卒中を引き起こす可能性があります。赤身肉を多く含む食事も結腸癌のリスクを高めます、とアメリカ癌協会は報告しています。 NBCNews.comが報告した2012年の研究によると、赤身の肉を焼いたり、焼いたり、揚げたりすることは男性にとって特に危険であり、週に1.5サービングを食べると、進行性前立腺がんのリスクが高まる可能性があります。 Zied氏によると、月に2回赤身の肉を食べることは、週に1回食べるほど危険ではないかもしれませんが、食事から赤身の肉を排除すれば、より健康になる可能性があります。

赤身肉代用品

アメリカ心臓協会によると、鶏肉、魚、植物のタンパク質は、牛肉、豚肉、羊肉よりもコレステロールと飽和脂肪が少ない。卵、乳製品、ナッツ、種子、豆腐、テンペ、大豆バーガーも、優れたタンパク質源です。亜鉛の優れた供給源には、全粒穀物、ナッツ、豆腐、ほうれん草、レタスが含まれ、全粒穀物とナッツは、ビタミンBの優れた供給源です。 Ziedによると、これらの食品は、月に2回赤身の肉を食べるのに適した心臓に良い代替品です。

推奨事項

人々のための2010年の食事ガイドラインは、赤身の肉を減らすことを推奨しています。赤身の肉を食べる場合は、脂肪の少ないカットを選び、目に見える脂肪を取り除きます。MayoClinic.comをお勧めします。牛肉の赤身カットには、ラウンド、チャック、サーロイン、テンダーロインが含まれます。ポークまたはラムの赤身カットには、テンダーロイン、ロインチョップ、脚が含まれます。見つけることができる赤身肉の割合が最も高いひき肉を購入します。少なくとも90%赤身肉を目指します。 「選択」や「プライム」の代わりに「チョイス」というラベルの付いたステーキを選択してください。これらは通常、脂肪が多くなります。

Copyright © 2020, ribenhl.com, All Rights Reserved