ホーム   私たちに関しては
ホーム  ›  未分類

イチゴのメリット

2021-02-09 08:09:02

香り高いジューシーなイチゴは、夏の最初の果物の1つです。真っ赤な宝石は美味しいだけではありません。必須ビタミン、ミネラル、その他の栄養素が豊富に含まれています。果実は新鮮な味がしますが、冬の間は冷凍果実から同じ効果を得ることができます。サラダの上にスムージーにベリーを投げるか、単にそれらをプレーンで食べます。追加した砂糖には栄養価がないため、シロップで冷凍したイチゴを避けてください。

ビタミンC

ビタミンCは、傷を治し、特定の組織を修復および維持し、皮膚、脈管構造、靭帯、腱の構築に必要なタンパク質を生成するためにあなたの体で使用されます。人体はビタミンを合成または保存することができません。使用しないものはすべて廃棄物として排出されます。健康を維持するには、食事源から基本レベルのビタミンCを摂取する必要があります。成人に推奨される1日の量は75〜90ミリグラムです。イチゴの半分の1カップのサービングは、89.4ミリグラムの要件を満たしています。

繊維と消化

イチゴの半分のカップには3グラムの食物繊維が含まれており、これは1日の推奨量の約11%を占めます。繊維の最も明白な利点は、消化器系の規則性を促進することです。さらに、高繊維食はコレステロールを下げ、血糖値を調整し、痔のリスクを減らすのに役立ちます。最後に、繊維質の高い食事は、気分をより長く保ちます。そのため、朝食にイチゴの大きなボウルを食べると、減量の取り組みを助けることができます。

葉酸

イチゴは、ビタミンB9または葉酸の豊富な供給源です。 1サービングには35マイクログラムが含まれており、これは1日の推奨量の約9%です。重度の葉酸欠乏症は、2つのタイプの貧血、大赤血球性および巨赤芽球性貧血を引き起こす可能性があります。さらに、妊娠中の葉酸の母体消費は、乳児の神経管欠損の防止に役立ちます。妊娠中の女性は医師に相談して、食事から十分な量の葉酸を摂取していることを確認してください。ほとんどの妊婦はサプリメントから追加の葉酸を必要とします。

酸化防止剤

抗酸化物質は近年、そして正当な理由で多くの誇大宣伝を得ています。抗酸化物質は、フリーラジカルと呼ばれる損傷分子から細胞を保護します。抗酸化物質を豊富に含む食事は、心臓病やがんの予防に役立ちます。すべての果物の中で、イチゴは抗酸化物質の4番目に優れた供給源と考えられています。スイートベリーの無数の抗酸化物質には、ビタミンCとアントシアニンがあります。これらは、イチゴに赤い色合いを与える色素です。

Copyright © 2020, ribenhl.com, All Rights Reserved