ホーム   私たちに関しては
ホーム  ›  未分類

甘草の根茶の利点と副作用

2021-02-04 08:09:01

甘草はヨーロッパやアジアで自生し、数千年もの間、さまざまな病気の治療に使用されてきました。甘草茶の標準的な投与量は、メリーランド大学医療センターによると、沸騰したお湯に浸した1〜5グラムの乾燥甘草の根で、1日3回消費されます。甘辛いお茶や、お湯に加えることができるエキスも用意しています。甘草は4〜6週間以上摂取しないでください。妊娠中の女性には適していません。最良の結果を得るには、医師の事前承認を受けてください。

潜在的なメリット

甘草の根は鎮静剤および去痰薬として機能し、痰やその他の上気道症状の軽減に役立つ可能性があると、喉の痛みや咳などのUMMCは述べています。甘草の根は、潰瘍の症状、潰瘍性潰瘍、酸逆流や消化不良などの消化器系の問題の治療にも使用されます。甘草茶は減量の助けとして体脂肪を減らすのを助けるかもしれません。

効果

お茶を含むすべての形態の甘草は徹底的に調査されていないため、全体的な有効性は不明のままです。しかし、2006年の "Journal of Health Science"で発表された1つの研究では、103人の太りすぎの成人が甘草油またはプラセボを12週間摂取しました。甘草油を摂取した人は体重を維持する可能性が高く、プラセボを摂取した人は体重が増加する傾向がありました。限られた数の小規模な研究で、甘草のコレステロール低下、体脂肪低下、酸逆流減少の利点が示されていると、UMMCは述べています。ある小さな研究は、お茶の別の言葉である暖かい甘草のチンキ剤が口内炎の症状を改善することを示しました。

副作用

一部の甘草には、グリチルリチンと呼ばれる物質が含まれています。 UMMCによると、お茶にグリチルリチンが含まれていると、ホルモンの問題、頭痛、疲労、高血圧、水分貯留、心臓発作などの深刻な副作用が発生する可能性があります。甘草の高用量は、最もグリチルリチン関連のリスクをもたらす傾向があります。甘草の量が少ないと、腕と脚のしびれや筋肉の痛みを引き起こす可能性があります。

薬物相互作用

甘草は、高血圧薬、コルチコステロイド薬、MAO阻害剤として知られている抗うつ薬などの薬物療法を妨害する可能性があります。お茶を飲むと、これらの薬の効果が低下したり、副作用が悪化したり、血圧の薬の場合は、体内にカリウムが蓄積したりすることがあります。甘草は、心拍異常の治療に使用される薬物であるジゴキシンの毒性作用のリスクも高める可能性があります。 UMMCによると、経口避妊薬を服用している女性は、甘草を摂取している間、高血圧と低カリウム濃度を発症しました。薬やサプリメントを服用している場合、または何らかの病気を患っている場合は、甘草の根茶について医師と話し合うことが特に重要です。

Copyright © 2020, ribenhl.com, All Rights Reserved