ホーム   私たちに関しては
ホーム  ›  未分類

有機コーヒー消費の利点は何ですか?

2021-01-19 16:04:31

朝のキックスタートに加えて、オーガニックコーヒーを飲むことで、慢性疾患のリスクを軽減し、寿命を延ばし、環境を改善することもできます。有機とラベル付けされたコーヒーは、米国農務省によって設定および施行された厳しい基準を満たしている農場から来ています。これらの要件によると、有機コーヒーには化学的汚染物質が含まれておらず、栽培する農家は作業員と環境への副作用を最小限に抑えるための方法を採用しています。

有機農産物

オーガニックコーヒーは、農務省によって認定された農場から来ています。認定プロセスでは、農場が有機栽培であると認定される前に、農場が有機栽培技術のみを最低3年間使用する必要があります。コーヒーを栽培する場合、これは合成農薬や肥料が許可されていないことを意味し、USDAの検査官は農場がガイドラインに準拠していることを確認する必要があります。

オーガニックを食べることの健康上の利点

認定プロセスにより、オーガニック食品の価格は若干高くなる可能性がありますが、費用が少し増えると、大幅に健康を節約できる可能性があります。従来の、または非有機的なコーヒーは、合成化学肥料や農薬の残留物を含んでいる可能性があります。環境保護庁によると、これらの残留物は癌、神経系障害、ホルモンの不均衡、皮膚や目への刺激を引き起こす可能性があります。有機コーヒーを消費するとき、あなたはどんな化学残留物も有害な健康副作用も得ません。

コーヒーの健康上の利点

コーヒー自体-有機栽培であれ従来栽培であれ-抗酸化物質の含有量により、潜在的な健康上の利点があります。ジャーナル「Plant Foods for Human Nutrition」に掲載された研究は、コーヒーに含まれる抗酸化物質が体内の酸化ストレスを減少させ、それにより癌などの疾患のリスクを軽減し、体内の炎症を軽減することを発見しました。 「Journal of Nutrition and Metabolism」で発表された別の研究では、コーヒーは食事後の血糖値を下げることで糖尿病の予防と治療に役立つ可能性があることがわかりました。

有機物の環境上の利点

あなたの健康を改善することに加えて、有機コーヒーを選択することは環境上の利益があるかもしれません。 EPAによると、有機農場の労働者は潜在的に有害な化学物質と接触していません。さらに、これらの農場は、非有機農場よりも石油などの再生不可能な資源の使用が少ないため、環境に優しいです。有機農場では、化学物質は近くの土壌や飲料水に浸出せず、近くの家族や農場に空中に運ばれるものはありません。

Copyright © 2020, ribenhl.com, All Rights Reserved