ホーム   私たちに関しては
ホーム  ›  未分類

母乳育児のためのフェヌグリークカプセルの利点

2020-12-24 16:04:31

母乳量の減少に対処している母乳育児中の母親は、多くの場合、フェヌグリークなどのハーブを使用してより多くの母乳を生産します。フェヌグリークは、多くの臨床試験を受けていないが、授乳コンサルタントや代替医療の専門家から推奨されることが多い。フェヌグリークは、母乳量を増加させる物質であるガラクタゴーグとして分類されます。フェヌグリークは、カプセルやお茶の形で販売されています。フェヌグリークを服用する前に、医師と授乳コンサルタントに相談してください。ハーブを摂取せずに母乳の量を増やす方法があります。

すべてナチュラル

フェヌグリークはハーブであり、その種子は、乳生産を含むさまざまな状態を治療するための代替医療で使用されています。それは天然の植物製品であるため、授乳中の母親は、市販の医薬品よりも服用が快適だと感じることがよくあります。祝福されたアザミ、別のハーブでフェヌグリークを服用すると、フェヌグリークを一人で服用するよりも良い結果が得られることがよくあります。フェヌグリークとタイムを混ぜて服用しないでください。国際母乳育児センターの母乳育児の専門家であるジャックニューマン博士は助言します。

即効

フェヌグリークの錠剤は、服用開始後すぐに、多くの場合最初の12〜24時間で機能します。ニューマン博士によると、この治療法がそれまでに効かなければ、全く効かないかもしれません。フェヌグリークと祝福されたアザミの両方が使用の最初の週に最もよく機能します。

継続的な母乳育児

フェヌグリークは、処方どおりに機能すれば、母乳育児を続けることができます。母乳育児には、赤ちゃんとお母さんの両方に複数のメリットがあります。それはあなたの赤ちゃんのための最も健康的な食品であり、処方より免疫学的利点を提供します。母乳育児は、分娩後の体重減少にも役立ち、後年の乳がんの発症を予防する効果があるかもしれません。

管理のしやすさ

フェヌグリークは安価で簡単に見つけることができます。牛乳の供給を増やすには、3つのカプセルを1日3回服用します。カプセルは、お茶を作るよりも時間がかかります。カプセルはまた、お茶よりも標準化された量のハーブを提供します。

副作用

自然とは、必ずしも完全に安全という意味ではありません。フェヌグリークには潜在的な副作用があります。しかし、ニューマン博士によると、それは一般に安全と考えられており、いくつかの警告があります。妊娠しているために母乳が減った場合は、子宮収縮を引き起こす可能性のあるフェヌグリークを服用しないでください。フェヌグリークはまた、血糖値を下げる可能性があり、糖尿病の場合は投薬要件が変わる可能性があります。また、あなたやあなたの赤ちゃんは、軽い胃腸の苦痛やガスっぽさを感じるかもしれません。また、あなたやあなたの赤ちゃんの皮膚にはメープルシロップの臭いがあり、代謝異常と間違われる可能性があることに気づくかもしれません。他のハーブと同様に、フェヌグリークにアレルギーを起こす可能性があります。

Copyright © 2020, ribenhl.com, All Rights Reserved