ホーム   私たちに関しては
ホーム  ›  未分類

ココナッツオイルを購入するメリット

2020-11-21 08:09:02

ココナッツオイルは、熱帯および亜熱帯地域で見られるココヤシの果実から抽出されます。中鎖脂肪酸の最も豊富な供給源の1つであり、中鎖トリグリセリドまたはMCTとしても知られています。このオイルは飽和脂肪分が多いため、以前は不健康であると考えられていましたが、関心が高まり、潜在的な健康上の利点を調査する研究が促進されました。

心臓の健康

飽和脂肪は心血管疾患の既知の危険因子です。ココナッツオイルは飽和脂肪が豊富ですが、短鎖および中鎖脂肪酸の形であり、体内では長鎖の対応物であるトリグリセリドとは異なる方法で処理されます。 1930年代にウェストンプライス博士が南太平洋の島民がココナッツオイルを多く含む食事を摂っていたにもかかわらず、心臓病の発生率が有意に低いという観察は、さらなる研究を促しました。最近の研究では、ココナッツオイルは「善玉」HDLコレステロールを高め、総コレステロール値を上昇させず、加熱するとキャノーラやオリーブオイルよりもはるかに有害なフリーラジカルを生成しないことが示されています。ラウリン酸と呼ばれるココナッツオイルの成分は、有益なHDLコレステロールの増加に関与しており、ココナッツオイルが心臓を保護する可能性があることを示唆しています。

免疫システムのサポート

「Indian Coconut Journal」に掲載されたレビュー記事によると、ココナッツオイルは、細菌、酵母、真菌、ウイルスなどの病気の原因となる侵入者を防ぐことにより、免疫システムをサポートしています。オイルは、HIV、はしか、単純ヘルペスウイルス1、サイトメガロウイルスなどのウイルスと戦う可能性があります。ココナッツオイルはまた、炎症を軽減し、組織の修復と治癒を促進することにより、免疫機能をサポートします。

甲状腺および血糖調節

ココナッツオイルは、代謝を高め、エネルギーと持久力を高めることにより、甲状腺機能をサポートします。ココナッツオイルのMCTは、T4甲状腺ホルモンからT3フォームへの変換を促進します。 MCTは、炭水化物と同様に、肝臓ですばやく簡単に燃えますが、インスリンスパイクはありません。その結果、ココナッツオイルは血糖値の安定に役立ちます。

減量

ココナッツオイルのMCTはすぐに消化され、エネルギーとして利用されます。これは、長鎖トリグリセリドなどの他のタイプの脂肪が優先的に体内に保存されることを考えると、独特の特性です。したがって、ココナッツオイルは、体重減少と除脂肪体重を促進する新陳代謝を促進します。この体重減少は腹部でより顕著になる可能性があり、腹部領域からは脂肪が一般に排出するのがより困難になります。

ココナッツオイルの使い方

オリーブオイルなどの植物油とは異なり、ココナッツオイルは調理中に加熱しても安定しています。したがって、毒性のある化合物やトランス脂肪を生成する酸化的損傷の影響を受けません。固体または液体の形態で購入でき、野菜のソテー、ベーキング、スプレッドとして使用したり、オートミールやスムージーに追加したりできます。ココナッツオイルは、植物油、バター、マーガリンの優れた代替品です。

Copyright © 2020, ribenhl.com, All Rights Reserved