ホーム   私たちに関しては
ホーム  ›  未分類

アルコール不使用のメリット

2020-11-11 16:04:01

多くの人が安全にアルコールを摂取できますが、アルコール飲料を完全に避けることで、飲酒があなたの健康と健康に及ぼすさまざまな短期的および長期的な影響の可能性がなくなります。適度に、アルコールはいくつかの潜在的な健康上の利点を誇りますが、これらの多くは他の食物源から得ることができます。多くの場合、飲酒のリスクが利益を上回ります。

短期健康

アルコールの摂取は、短期間に多くの危険な健康状態の可能性を高める可能性があるため、アルコールを避けることは、それに伴う可能性のある即時の危険な健康への影響を回避することを意味します。過度の飲酒を1回でも含む飲酒は、さまざまな意図しない傷害を引き起こす可能性があります。侵略と暴力;病気の発症を含む危険な性行動;飲酒する妊娠中の母親の流産、死産、先天性欠損症;致命的なアルコール中毒。ストレスのあるときやネガティブな状態のときに飲んでいる場合、アルコールは特に危険です。これらの例ではアルコールを避ける方がはるかに安全です。健康状態のために定期的に薬を服用している場合は、アルコールの使用を控える方が安全なことがよくあります。アルコールはさまざまな薬と相互作用し、気づかないかもしれない深刻な副作用を引き起こす可能性があります。

長期的な健康

アルコール消費を控えることは、長期的にも多くの健康上の利点があります。時間の経過に伴う一貫したアルコールの使用は、特にアルコール摂取量が推奨摂取量を超えた場合、かなりの数の慢性疾患と神経学的問題を引き起こす可能性があります。これらには、認知症と脳卒中が含まれます。血圧の上昇や心臓発作などの心血管障害;自殺に至る可能性のあるうつ病や不安症などの精神医学的問題;多数の癌;致命的な肝疾患と胃腸の問題。ハーバード公衆衛生学校は、アルコールはあなたの遺伝子構成に基づいてあなたの健康に異なる影響を与える可能性があると報告しています-一部の人々はそれを知らずに長期的にアルコールの悪影響に苦しむ傾向があります。アルコールの消費を完全に回避することで、多くの深刻な病気に苦しむ、または死に至る可能性が減少します。

改善された社会生活

人の社会生活は主観的な要素である可能性がありますが、アルコール乱用とアルコール依存症に関する国立研究所は、飲酒者と彼らが社会的環境で知っている人に波及があると報告しています。飲酒は、経済問題、家族や社会関係の混乱、感情的な問題、暴力、法的な問題につながる可能性があります。結果は大きく異なりますが、インスティテュートは、個人が飲むほどこれらの問題が深刻になるという一般的な傾向を報告しています。研究所はまた、飲酒による怪我のリスクについても報告しており、アルコール摂取の量は中程度であってもリスクがないとは考えていません。アルコール摂取はまた、攻撃的な行動の予測不能な拡大につながる可能性があります。飲酒を避ければ、あなたの社会生活と幸福をよりよくコントロールできます。

エスカレーションから安全

すべてのアルコールを控えることは、エスカレーションの深刻なリスクを回避することを意味します。定期的に飲むことは-少量でも-アルコール依存症と有害なアルコール依存症につながる可能性があります。飲酒をする人の多くは、過度の飲酒のパターンに従事することになります。これらは、疾病管理センターと予防センターが、飲み過ぎである(女性は4杯以上、1回は5杯以上、男性は5杯以上)と定義しています。飲酒。多くの人々は、飲酒を過剰な量や危険な量にまで増加させるつもりはありませんが、健康的な消費率を理解していないか、アルコールに依存するようになります。カジュアルな飲酒は簡単に手に負えなくなります。 HSPHは、アルコールはアルコール依存症の家族歴を持つ人々にとって特に中毒性があると報告しています。多くの人々はアルコールが彼らにどのように影響するかを知りません。飲酒がエスカレートするとき、それはすぐに非常に深刻になり、止めることがより困難になる可能性があります。

Copyright © 2020, ribenhl.com, All Rights Reserved