ホーム   私たちに関しては
ホーム  ›  未分類

赤ちゃんほうれん草は消化に良いですか?

2020-10-20 08:09:31

赤ちゃんのほうれん草は、その繊細な風味で、さまざまな料理に簡単に組み込むことができる多目的な食品です。生のほうれん草をサラダに入れたり、スムージーに混ぜたり、サンドイッチに入れたりできます。ほうれん草は、ピザやラザニアに焼いたり、オリーブオイルと調味料でソテーしたり、おかずとして使用することもできます。多くの人々はすべての野菜が消化に良いと思いますが、ベビーホウレン草は消化器系の健康に最適な食品ではありません。

簡単な答え

要するに、ほうれん草は消化に非常に良いわけでも、非常に悪いわけでもありません。ヨーグルト、バナナ、オート麦ほど消化に良いわけではありません。しかし、高脂肪、揚げ物、またはスパイシーな食品ほど消化に問題はありません。

消化の利点

ほうれん草には、体が分解しにくい繊維が含まれています。実際、噛み癖が悪いと、ホウレンソウの葉がほぼ全体的に糞便(便)になります。ほうれん草の葉は便(糞)にかさばり、排泄物が消化管を通過しやすくなります。ほうれん草は腸の動きを正常化するのを助けることにより、腸を健康に保ち、痔や憩室炎のような合併症を防ぐのにも役立ちます。

栄養効果

ほうれん草は最良の消化補助剤ではないかもしれませんが、それでも体と消化管にとって健康的で栄養価の高い選択肢です。生ほうれん草1カップにはカロリーが10未満で、脂肪やコレステロールは含まれていません。ビタミンA、C、E、Kに加えて、葉酸、マグネシウム、リン、マグネシウムが豊富です。また、カルシウムと鉄の優れた供給源でもあります。これらのビタミンとミネラルは、健康な消化管をサポートします。

ビタミンCは、消化管の組織を含め、体内の組織を強く保つコラーゲンの生成を促進します。ビタミンEは、細胞の損傷を防ぐ強力な抗酸化物質です。鉄は、全身の酸素分布を助け、アミノ酸やコラーゲンの生成などの必須機能を備えています。カルシウムは、重要な酵素やホルモンを生産するために体に必要です。また、リンは食品を体のエネルギーに変換するために不可欠です。これらの栄養素はすべて、健康な身体と本質的な身体機能をサポートし、健康な消化管をサポートします。

消化器系の問題の可能性

ホウレンソウには、消化管を非常に刺激する化学物質であるシュウ酸が含まれています。この酸は、ほうれん草に苦味を与えるものでもあります。幸い、ほうれん草のほうが通常のほうれん草よりもシュウ酸が少なくなっています。調理はシュウ酸レベルを下げることもできるので、赤ちゃんほうれん草を数分間蒸すと消化しやすくなります。一部の人々にとって、生の、そして調理されたほうれん草は、しばしば不満と過剰なガスを含む消化の不快感を引き起こします。多くの場合、この不快感を防ぐ唯一の方法は、ほうれん草を完全に避けることです。

Copyright © 2020, ribenhl.com, All Rights Reserved